ちまちまポインター Ver2

ちまちまポインター Ver2

ちまちまとポイント貯めて悶絶ライフを満喫中

ふるさと納税で税金控除。なかなか感慨深いものがありました。

先日の給与明細に市民税の金額の決定通知書が同封されてました。

去年の年末に駆け込みでふるさと納税を20,000円分やっておりましたので、その内2,000円が自己負担金となり、残りの18,000円が今年の6月からの市民税から控除されるということで、そういえば……ふるさと納税したよな……と市民税の決定通知書を確認してみました。

結果はバッチリ18,000円分の控除が明記されてました。18,000円÷12カ月ということで、毎月の市民税から1,500円分を差し引いたような金額になっておりました。

2016年の年収は2015年の年収とほぼ同じだったので、それはそれで切ないような気がしますが、その分、税金が少しでも安くなっているのは非常にありがたいことであります。

ちなみに、ふるさと納税20,000円で米15㎏×2件だったので、実質的には米30㎏を2,000円で購入し、さらに税金が18,000円安くなるという、嬉しい方のダブルパンチでごさいました。

もっと言えば、我が家では楽天市場ふるさと納税をしましたので、ついでに2,000ポイントを使ってやりました。

となれば、ほぼ無料に近いようなイメージで米30㎏と18,000円の税金控除が受けられるという形にもっていけます。

このポイント作戦はなかなか良い作戦だったと思います。なので、今年度も2,000ポイント使って20,000円分のふるさと納税で米20㎏×2件を申し込んであります。

今後はふるさと納税も改悪になるという話も出ていますので、今のうちにウハウハしておきたいところではあります。


さて、ふるさと納税による税金控除は今回が初めてでしたが、勝手にイメージしていたのは、毎月均等に税金が控除されていくのではなく、2~3カ月分の税金と相殺させるような形をイメージしていました。

その方が税金が控除されている感がありそうだったので…。

でも、違うんですね…。

勉強不足でした。

結局は控除されることに変わりないので、まあ、どちらでも良いんですが、そんな方法もなかなか魅力的だと思うんですがね。

広告を非表示にする