ちまちまポインター Ver2

ちまちまポインター Ver2

ちまちまとポイント貯めて悶絶ライフを満喫中

スマホを買い換えました…って白ロムだけど

auのGalaxy SCL23を14,705円でポチりました

約3年使用したシャープのSHL23はauで2年とmineoで約1年頑張ってくれましたが、もうバッテリーは瀕死の瀕死で、1日で3回も4回も充電をしないといけなくなりました。バッテリーの交換さえできればまだまだ使えなくもないんですが、その交換費用も安くはないようで、だったら買い換えてしまおうかと。

そんな時にゲオモバイルで、以前から目をつけていたGalaxy SCL23がちょうど3,000円ほど値下がりしたので、思いきってポチりました。もしもバッテリーが逝かれればamazonでポチればなんとかなるでしょう。

中古車みたいなもんですから、当たり外れは当然あるでしょうが、さてさてどうなることやら。

現在、我が家のある北海道までゆうパックで北上中です。なんとか函館まで到着した模様で、もう少しで我が家にも到着してくれることでしょう。

Galaxy SCL23はauバージョンなので、ドコモなら型番はGalaxy SC-04Fとなります。どちらもGalaxy s5ではありますが、圧倒的に高いのがドコモ版のSC-04Fで、圧倒的に在庫が多いのがau版のSCL23です。

我が家はmineo回線なので、auでもドコモでもどちらのGalaxyでも構わないのですが、どうやらドコモ版のSC-04Fにはテザリングに難があるそうだし、値段もau版のSCL23の方が約7,000円〜10,000円ほど安いし…。

ということで、au版のSCL23にしました。ゲオモバイルではau版のSCL23は14,000円程度ですが、ドコモ版のsc-04Fは24,000円程になってました。

どちらも状態はAランクとのことですが、この値段の開きはなぜなんでしょう?

ドコモってこんなに人気なんでしょうかね。格安SIMの多くがドコモ回線だからですかね…。


さて、何故に2014年もののGalaxy s5かと申しますと、1番の理由はコストを優先したいからでしょうかね。この後に備えてのつなぎみたいなイメージではあります。

それでも長持ちしてくれるに越したことはありません。だからバッテリー交換さえできればなんとかなりそうだし、Android6.0まで対応してくれるらしいし。

白ロムもどんどんと新しい機種が中古市場に出てきましたし、金さえ払えばSIMロックも解除してくれることでしょうが、まあ、そこまでは今は必要ないかなと。

今のスマホがAndroid4.2.2だったので、そろそろアプリにも対応できないものが増えてきていまして、とりあえずAndroid5.0にしとけばなんとかなるかなと考えています。

iPhoneApple payに対抗してのAndroid payも今のスマホじゃ門前払いのようにダウンロードできませんでしたし。

おサイフケータイがついてバッテリー交換ができてAndroid6.0まで対応してくれるなら、そこそこ使える期間が長くなるはずですが、あくまでも中古なので、どうぞ良い子に出会えますように。

広告を非表示にする